地球を舞台に!世界一周保育な旅

元男性保育士がおくる保育と旅をテーマにしたブログ。

海の街ブライトンへ

謎の保育者紹介から今日は『旅のこと』です。

 

迷走している訳ではありませんが、ある程度こちらの情報やこの漠然とした海外という環境と読み手との距離感が縮められないと最終的に私が伝えていきたい意図が伝わないと感じました。(誰が見てるともわからぬのに、この無駄な意識)

多分3ヶ月くらい続けた頃に形が出来てくるような気がします。これが8ヶ月目から突然ブログを始めるということなのか…

 

では…

 

 

今日は訳あってロンドンからブライトンという街に向かいます。

f:id:keinhrkei:20170114091321j:plain

ロンドンから南へ向かうようです。

 

早朝、友人の見送りから。

f:id:keinhrkei:20170114090610j:plain

(彼は就活、私は婚活…この天候が二人の未来の過酷さを表しています)

 

 

さて

 

ブライトン行こ☆ 

 

そして

 

私が持っているブライトンの情報はこれ

 

「ビクトリア駅からブライトンに行ける」

 

まぁこれだけで十分です。

 

 

 

今日は実際に私がどのようにして普段移動しているのか、そして海外(ロンドン)という場所がどんな所なのか伝えて行けるようにブログを書きます。

 

 

では、スタート!!

 

 

さっそくホステルのスタッフに聞く。

 

(ここでブライトンを聞いちゃうと面白くないのでビクトリアまで)

 

 

『OK!! ホステルを出て、左へ曲がるんだ。

道なりを10分歩くとバス停がある。その24バスに乗るんだ』

f:id:keinhrkei:20170114062145j:plain

私の行き先を「私より真剣に」考えてくれるスタッフさん、ごめんなさい…

 

『そして到着したバス停から少し歩き、駅に向かう。地下鉄でビクトリアまで…』

 

 

「ありがとうございます!!」

 

 

ホステルを出る。

 

 

ゆるー

 

 

あった!!

f:id:keinhrkei:20170114062855j:plain

393、間違えたか…

 

 

『さて問題、先生は何番に乗るのだったでしょうか??』

 

とかやると子どもは盛り上がりますよね。

 

 

 

 

 

ゆるー

 

あった

f:id:keinhrkei:20170114064202j:plain

『正解は…24でした!!』

 

いえーーーい!!

 

…みたいな

 

 

 

あー

どっち側の道路かわからないなー

 

誰か聞いてみるか!ブログ用に

 

「このバスはWARREN STREETいきますか?」

 

おばあちゃん『24と29のバスがあるから24よ』

 

はい!(さすがネイティブ、普段なら道聞くのにご年配の方は避けます)

 

 

バス表、確認

f:id:keinhrkei:20170114063330j:plain

WARREN STREET(なんでこんな汚いのだろうか…?)

 

 

ぶーん

 

きた24だ

 

(写真撮り忘れた)

 

反対側から

 

おばあちゃん『29じゃないからねーーーー』

 

www

 

おばあちゃん、ありがとうございます!!ww

 

そして乗車

 

オイスターカード」これは事前に買ってます。(友人の勧め)

f:id:keinhrkei:20170114074816j:plain

 

車内

f:id:keinhrkei:20170114075131j:plain

 

ぶーん

 

 

ついたー

 

 

確かここから少し歩くんだっけ?

 

 

どれ

f:id:keinhrkei:20170114075512j:plain歩く

 

 

 

おっ?

f:id:keinhrkei:20170114075930j:plain

 

 

ピっ!とね

f:id:keinhrkei:20170114080402j:plain

(これを一人撮影している私を想像してほしい)

 

 

 

 

ビクトリア行きはどっちだ?

 

キコ☆

 

すみ…

 

スタッフ『ビクトリア線の4番プラットホームさ』

 

ありがとうございます!!

 

 

って書いてあったーwww

f:id:keinhrkei:20170114080834j:plain

地下鉄

 

これ同じ英語圏でも地下鉄の言い方違うそうですよ?

アメリカではSUBWAY

イギリスではUNDERGROUND

 

ぶーん

 

ついたー!!

 

私はビクトリアをビクターってあだ名にして呼んでました。

f:id:keinhrkei:20170114081736j:plain

さて…

 

広いな…

f:id:keinhrkei:20170114082141j:plain

 

 

キコ☆

 

あーでもここでちょっと変化つけるか、ブログ用に

 

インフォメーショへ

f:id:keinhrkei:20170114083525j:plain

ブライトンに行きたいです切符はどこですか?

 

スタッフ『あちー』

 

「ありがとうございます、ちなみにいくらですか?」

 

『んー26£くらい?』 (通貨はポンドです)

 

 

はーい

 

ゆるー

 

「希望ください」

 

『27,50£です』

 

「はーい」

 

 

あとはプラッ…

 

 

キコ☆

 

 

さっきのインフォメーションへ

 

 

 

「あなたのお陰で買えました!!ありがとうございます!!

 それでこれに乗るのは??」切符ちらり

 

 

 

あちー

 

ありがとー

 

 

乗りー

f:id:keinhrkei:20170114084003j:plain

(イギリスの電車は車幅?間隔がいろいろ狭い気がします)

 

仲良くなりー

f:id:keinhrkei:20170114084258j:plain

カシアさん『もしブライトンで困ったら私に連絡して!』

 

 

〜1時間くらい経過〜

 

 

 

着きー

f:id:keinhrkei:20170114084641j:plain

 

 

街ー

f:id:keinhrkei:20170114084743j:plain

終わり

 

 

 

みたいな。

 

 

本当にこれだけです。

 

なんか簡単そうじゃないですか?

 

漠然と『海外』となるとどんな環境だか畏怖するのものですが

案外、乗り物も何もそんなにどこの国も変わりません。

それはこのグローバルな社会?のお陰ですね。

 

 

そして 

ブログは新たな楽しみをくれそうです☆ 

f:id:keinhrkei:20170114074018j:plain

ブライトンの海岸(頭と背中にもずく乗せてみました)

 

何故ブライトンに来たのか?

 

明日はそれについて

 

それでは『けい』でした。

 

おわり

広告を非表示にする