地球を舞台に!世界一周保育な旅

元男性保育士がおくる保育と旅をテーマにしたブログ。

40年の時を経て

こんにちは『けい』です。

 

ブログを始め、頭を使うようになり寝付きが良くなりました。

 

さて父とブライトン最終話です。(売れない映画みたいですね)

f:id:keinhrkei:20170117104745j:plain

(イキっとりますねー。)

 

えぇ、誰が飽きたって私が一番飽きてます、記事が続いてしまいました。(雨が悪い雨が…)

 

 

さて前日は日曜日ということで学校もやっていなかったのですが、改めて学校に足を運びました私。

f:id:keinhrkei:20170117102740j:plain

(顔色悪いけど…死ぬの?)

 

そして

 

いざ!!入り口へっ!!

 

あれ…

f:id:keinhrkei:20170117102228j:plain

(テンションで乗り切ろうと思ったけど、いざ行くとなると緊張するぞ…)

 

あっこれヤバイ

 

作戦考えよ…

 

 

「初めまして」

 

「私はここの学生ではありません。」

 

「この写真を見てください。」

f:id:keinhrkei:20170115104254j:plain

(何回目やねん、この画像も…)

 

「これは私の父です。」

 

「この写真の場所はここです。」

 

「この写真は40年前のこの学校なのです。」

 

んーこれだけじゃ

 

『だから何!?』

 

と言われてしまいそうだなー。

 

少し話を大袈裟にするか…

 

 

「父はもう一度ここで学びたいと話しています。」

f:id:keinhrkei:20170117105038j:plain

(一応、友達はいたそうです…)

 

「しかし、今や体力や体調も優れません。」

 

「なので私が代わりに来ました。」

 

 

あっ!これ僕の英語力じゃこんな悠長に話せないですからね?(十分、中学英語)

 

言いたいことを事前に用意して単語と身振りと写真使って表現してます。

 

よしっ!これで行こう!!

f:id:keinhrkei:20170117103056j:plain

(いざ受付へ…)

 

ドキドキ

f:id:keinhrkei:20170117102403j:plain

(あっ!日本語…)

 

そして

 

先ほどの内容をスタッフに伝える。

 

すると…

 

『…アメージング!!』

 

アメージング頂きました。

 

(理想の流れや…お偉いさん出てこい!!)

 

『待ってて下さい、今古いスタッフを呼びますから…』

f:id:keinhrkei:20170117103134j:plain

(そうそう、話が大きくなれ!!)

 

そしてまた同じ説明をする。

 

『…アメージング』

 

アメージング頂きました。

 

 

んー話を盛り上げるか…

 

「父はいつもいつもこの学校の話をします。」

f:id:keinhrkei:20170117103644j:plain

「もう一度ここに行きたいと、もう一度ここで学びたいと」

 

「ここでの学びは素敵な思い出だと毎日話しております。」

 

(そこまで言ってはおりませんが、まぁ嘘ではないでしょう)

 

スタッフ『わかったわ!!ただ、私もここのスタッフだけどさすがに40年前のことはわからないの…』

 

そりゃそうだ…

 

そして

 

『もし良かったら学校を紹介するわ、写真も撮っていいからお父さんに送ってあげてね☆』

 

(おっ!良いぞ良いぞ!)

 

 

そして施設を見学させて頂く。

f:id:keinhrkei:20170117103428j:plain

ロビーに…

 

 

f:id:keinhrkei:20170117103536j:plain

キッチンに…

 

f:id:keinhrkei:20170117103846j:plain

応接室に…

 

f:id:keinhrkei:20170117104032j:plain

階段に…

 

f:id:keinhrkei:20170117104038j:plain

階段に…

 

えぇ!!キレイすぎる!!

 

「ここは本当に学校ですか?まるでホテルのようです!!」

f:id:keinhrkei:20170117103959j:plain

スタッフ『博物館の間違いでしょ!?』

 

wwww

 

返しがオシャレwww(イギリスでは冗談や皮肉がうまいと良いらしいです)

 

そして見学を終える。

 

スタッフ『私は忙しいからここまでね…』

f:id:keinhrkei:20170117104256j:plain

(あなたの名前聞いてませんでしたね…セザンヌとかでイイですか?)

 

「ありがとうございました!!」

 

スタッフ『これパンフレット…』

f:id:keinhrkei:20170117105559j:plain

(えっ!?参ったな…)

 

「ごめんなさいっ!!私はここの学生になりたい訳じゃ…」

 

スタッフ『次はあなたがここにくるんでしょ?あなたの英語はメチャクチャね!ただ言っていることはわかるわ。ここに学びにくることね。』

 

wwww

 

オシャレwww

 

 

スタッフ『その父の写真をこの学校のサイトかFACEBOOKに送ってちょうだい?そしたらまた連絡してあげる。』

 

 

 

 

ほほー、まぁ今後どうなることもないけど悪い話でもないか…。

 

そして学校を後にしました。

f:id:keinhrkei:20170116062224j:plain

 

これにて『ブライトンと父』との一連の話は終わりです。

 

特に父の為という訳ではありませんが、父は喜んでました。

 

えっ観光は!?

 

いつも雨なんだもん、止めたわい。

 

 

そんな感じです。

 

 

それでは

 

『けい』でした。

 

おわり