地球を舞台に!世界一周保育な旅

元男性保育士がおくる保育と旅をテーマにしたブログ。

相部屋ドラッガー

こんにちは『けい』です。

 

今回は雑談回です。

時系列としては初日のホテルに泊まるところです。

f:id:keinhrkei:20170219001126j:plain

前回のアイト・ベン・バドゥから4時間車に乗り

いよいよあたりが暗くなったところでホテルに到着。

 

f:id:keinhrkei:20170219001229j:plain

先にこのツアーを訪れた方々が

「車ばかり乗ってたけど、行って良かった!!」

と言ってましたが

 

その意味がわかりました。

 

景色が素晴らしかったんです。

変なん言い方ですが『地球を感じる』ことができました。

また別の投稿で触れようかと思います。

f:id:keinhrkei:20170219001736j:plain

さてホテルのことへ

今回のツアーはモロッコの物価としては高価な方なので

宿泊もシングルルームかと期待していたのですが…

 

☆問題発生☆

 

なんと、ドミトリーでもシングルでもなく…

二人一組での部屋で寝るとのことなのです。

 

私は一人で参加していたので…

つまり

知らない人と二人で過ごすのですねw

 

何を今更と言った感じでしょうが

f:id:keinhrkei:20170219032117j:plain

思い返せばこの9ヶ月間

私は常に3〜4人の人との相部屋でした。

もしくは完全に個室か…

 

いやいやwww

 

二人ってwww

 

なんか照れるってかwww

 

気まずっ!!

 

二人って…

 

何か起きたらどうすんのよっ!!

この花も恥じらう29歳メンズにっ!!

いろいろ起きたらどうすんのよっ!!

 

 

それにもう一つ問題なのが…

 

その相方さんというのが

ブラジル人の方で

絶対ドラッカーなんですよ。

 

いや、詳しくはわかりませんが…

とりあえず普通じゃないんです。

 

だって

このツアーが始まって彼が話している姿を

一度も見ていません。

f:id:keinhrkei:20170219145335j:plain

彼は1日中虚ろなんですよ。

目の下が赤くて

誰とも話さず一生寝てるんですね。

 


それに

 

朝食を一切食べず

昼食も一切食べず

夕食も一切食べず

 

ポテチを1袋食べて

 

寝る!!

f:id:keinhrkei:20170209055606j:plain 

正直…

一体、彼はこのツアーに何をしに来たのか?

と思ってしまう程でした。

 

私はその様子から

やはりドラッガーであろうと憶測を立てました。

 

しかし

そんな彼と同じ部屋になってしまったのです。

f:id:keinhrkei:20170219000742j:plain

有り難いことに部屋には

ベッドが3つ「川の字」に置いてあったので

両者、真ん中を空け両端を陣取りました。

 

 

しかし、

このままでは朝まで埒があかないです。

エンジェルに生まれることを許された私は

勇気を出して会話してみることにしました。

私を5つ集めるとおもちゃの缶詰もらえます☆

 

天使「今日疲れましたね☆」

薬 「そうだね」

天使「ずっと車でしたもんね☆」

薬 「そうだね」

天使「明日もこんなだと大変ですね☆」

薬 「そうだね」

 

 

このやろっwww

 

思わず堕天したくなる気持ちを抑え

心の中で「エンジェル☆マイハート」と

3回唱え、平常心を保ちました。

 

ただわかったことがありまして…

彼は英語が全く話せなかったのです。

それこそ私よりも話せませんでした。

 

ブラジル人なので

ポルトガル語スペイン語が堪能なのです。

途中から携帯翻訳機能を使って会話しました。

f:id:keinhrkei:20170215201428j:plain

 彼はブラジルのリオに住む26歳。

フォトグラファーだそうです。

またマラケシュのクラブ?で

仕事があるようでした。

 

そして

日本にとても興味があり

日本を観光してみたいそうなのですが…

 

『日本語と英語できないと観光は厳しいかい?』

 

と聞かれたので

そこは素直に厳しいと伝えましたw

 

しかし、日本人は親切なことと

その携帯翻訳機能があれば平気です☆

と私は教えてあげました。

 

そして彼と話す中で

大切なことがわかりました。

 

彼は

 

ドラッガーではなく…

 

車酔い

 

だったそうです。

 

wwwwwww

 

サーセンwww

 

車酔いと英語が話せないことで

他の方といるのが嫌だったのでしょう。

 

わかるよ、わかるよ、君の気持ち!!

小池徹平かな?)

 

そして寝る前のこと 

f:id:keinhrkei:20170209055150j:plain

天使「明日は朝ご飯食べれそうですか??」

車酔「あぁ大丈夫そうだよ☆」

と彼は笑顔を見せてくれました。

 

そう!

これこれ!

 

人間、誰だってね?

つまらないのは嫌なのさ!!

誰だって明るく楽しくしたいのさ!!

 

それは世界共通のことだと思うの!!

 

それを

対人関係で出来る限り作っていく…

私の生きるモットーなんです…

さすがエンジェル大学首席卒。

 

そうして2人は気分よく就寝し…

 

翌朝…

 

先に目覚めた私は彼に声をかけます。

 

天使「さぁ朝ご飯食べに行きましょう☆」

 

車酔いの彼はゆっくりと目を開け、

寝ぼけ眼で私にこう言いました。

 

 

NO!!

 

 

なんでやねんっwww

 

 

本日もこの投稿を読んでいただき

本当にありがとうございました。

 

それでは

 

『けい』でした。

 

おわり