地球を舞台に!世界一周保育な旅

元男性保育士がおくる保育と旅をテーマにしたブログ。

モロッコの幼稚園③

こんにちは『けい』です。

 

本日はモロッコの幼稚園の午後の様子を書きたいと思います。

午前についてはこちらをご覧下さい。

 

keisekaihoiku.hatenablog.com

 

今日は午後の流れの他に

少し授業の方法にも触れて行きたいと思います。

 

午後の授業は2時半から子どもはそれに合わせ再登園します。

f:id:keinhrkei:20170301201913j:plain午後の登園

入り口で保護者と別れた子どもは自ら進んで部屋に入ります。

登園渋りをする子どもはいませんでした。午前同様に部屋の入口で

『おはよー』と挨拶すると先に座っている子どもたちも返事をします。

 

f:id:keinhrkei:20170301202558j:plainコーラン斉唱

イスラム教ではお祈りを日に5回行います。

ここでは詳しく書きませんが、お祈りや断食も年齢に応じ

少し慣らしていくそうです。失礼な言い方になるかも知れませんが

登園時のお歌のように1回唱えることで子どもの気持ちが

集団生活へと切り替わる役目もあるかと思います。

 

f:id:keinhrkei:20170301203248j:plain園長先生

『園長』という表現が適切かはわかりませんが、園を創設した方

と言うことは確かです。穏やかで慈愛に満ちた表情で子どもを

見守ります。それにしても子どもは面白いもので『園長先生』など

偉い方のことは肌で感じしっかりと態度を分けるのですよね。

 

f:id:keinhrkei:20170301131050j:plain午後の授業

午前中は文字の勉強でしたが、午後数字のようです。

おそらくこの園では文字/数字の2つのみを教えているようです。

いや十分過ぎることです。園によってはこの年齢でフランス語

学ばせているところもあるそうです、恐れ入ります。

 

f:id:keinhrkei:20170301113901j:plain黒板

これを見て頂くとわかるのですが右は午前中の勉強、

左は午後の数字。黒板を2つに分けて使っています。

ここから1つの授業がその時間で終わるのではなく

『日々継続している』ということが伺えます。

 

f:id:keinhrkei:20170301131302j:plain黒板を消してその日のことをリセットするのではなく

『昨日の続き』として子どもたちに入りやすいよう

配慮しているのです。これは担任の工夫と方法ですね。

もちろん2つの教科だから出来ることですが。

 

f:id:keinhrkei:20170301205116j:plain授業の方法

これは日本の方法と同じで、先生が『1』のことを

『いーち』と言ったら子どももそれと同じように

『いーち』と繰り返します。また指を使いながら復唱

することで身にも入りやすいですよね。

 

f:id:keinhrkei:20170301202251j:plainこの日の勉強が『4』なのですが、先生が言葉を繰り返しながら

『では4の前はなんでしたっけ〜?』と問いますと子どもは『3』と

答えます。同じように1〜4を不規則に問いかけますと子どもは

『そんなのわかるよっ☆』と言った感じで次々と答えます。

 

そして

f:id:keinhrkei:20170301204224j:plain先生が子どもにたち『誰かやってくれる人』と訪ねます。

すると子どもは元気よく『はいはいはいはいっ!』と

手を挙げます。指された子どもは黒板の前に立ちます。

f:id:keinhrkei:20170301130408j:plain自身を持って答える子から理解していても人前で緊張して

思うように言葉が出ない子もいますが、そこは先生や子どもが

互いにフォローし合い共通理解していきます。

f:id:keinhrkei:20170301211437j:plain答えたあとは、周りの子どもから拍手されます。

安心と嬉しさから少しだけハニカミながら席へ戻ります。

 

f:id:keinhrkei:20170301212202j:plain書き取り練習

文字の説明や書き順、言葉を復唱したあとは

実際に文字を書き取っていきます。この時間は

自習に近く特に先生はクラスを歩き個々の子どもへ

指導をすることはありませんでした。

f:id:keinhrkei:20170301113933j:plain見せてもらいました。

f:id:keinhrkei:20170301213947j:plain見せてもらいました。

 

f:id:keinhrkei:20170301213513j:plain『僕はこんなに書けたよ☆』とアピール。

 

f:id:keinhrkei:20170301213819j:plain個人差はありますが皆集中して取り組みます。

 

さてお気付きになりましたか。

f:id:keinhrkei:20170301214354j:plainこれ皆『4』を書いているのですが…

鏡文字なのですよね。これは4〜5歳など文字を模倣する

ようになると必ずこのような形になります。発達年齢という

ことでしょうがどこの子どもも同じ様な成長過程にあることが

伺えます。一から丁寧に書き順を伝えていけば鏡文字は

なくなりますが、決していけないことではないので子どもの

書いた意欲を尊重しつつ丁寧にじっくり直していきましょう。

 

f:id:keinhrkei:20170301215640j:plain降園準備

4時前になると1日の生活も終わりとなります。

先生が渡しているのは学習ノートつまり宿題ですね。

内容はワークのようなモノで気軽に行えるようでした。

ノートを受取りリュックにしまえば帰りの準備も完了です。

 

f:id:keinhrkei:20170301215303j:plain降園

午前と同じくお迎えの来た子どもから名前を呼ばれます。

子どもは返事をすると写真の様に部屋を後にします。

 

f:id:keinhrkei:20170301215140j:plainやはりこの瞬間が1番嬉しいのでしょうね。

大人とて終業時間が1番嬉しいものですものね。

ただ階段が急なので気を付けてください。

 

f:id:keinhrkei:20170301114613j:plain友達と追いかけっこをして帰っています。

車の心配はありませんが、馬車や荷物を持った

人が多いのでぶつからないよう注意して欲しいですが

この街では彼らの方が玄人ですね。

 

さて1日の流れはこのような感じです。

少し授業形態にも触れてみました。

次回は教育用具について書きます。

f:id:keinhrkei:20170301114535j:plain子どもたちもお疲れ様☆

 

 

本日もこの投稿を読んでいただき

本当にありがとうございました。

 

それでは

 

『けい』でした。

 

おわり