読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地球を舞台に!世界一周保育な旅

元男性保育士がおくる保育と旅をテーマにしたブログ。

モロッコの食事

こんにちは『けい』です。

 

ちょいと力を入れて書いた記事が消えてしまいして

軽くスネてたから再度投稿いたします。

 

前回にフェスに到着したのですが

先にモロッコの食事について書きましょう。

(投稿が追いついていない)

f:id:keinhrkei:20170221105744j:plainモロッコのホステルにいますとたまに写真のように

食事を振る舞ってくれることがあります。

これはご行為なので無料です。

 

ここにも何回か書いていますが

モロッコは国の情報がわかりやすく感じます。

個性が強いというか文化が独立していると言うか…

 

それでは

写真と共に有名なモロッコ料理を

紹介していきたいと思います。

※情報はwiki参照

f:id:keinhrkei:20170209055606j:plain『クスクス』

モロッコの食事を代表するような料理です。白い部分は小麦粉で

少量の水を混ぜそぼろ状にしています。白米に似ていますね。

そこに写真ではカボチャ、ナス、インゲン、ニンジンと煮込んだ物を

混ぜてます。時には鶏肉などもなんでも混ざっているのでごった煮と

同じく余った食材で作れる家庭的な料理な料理なのだと思います。

 

f:id:keinhrkei:20170221113802j:plain『タジン』

タジン鍋と聞いたことがあるかもしれませんが、その『タジン』です。

こちらは野菜や鶏肉を蒸し煮したものです。生姜などで味付けスープが

入っています。食材も大きな拘りは無いようで野菜、肉、MIXなど

バリエーションも豊富です。家庭・外食どちらでも見かけられます。

 

f:id:keinhrkei:20170221104020j:plain『お肉』

モロッコはイスラム教徒が中心となる国なので豚肉はご法度です。町には

鳥、牛、羊のお肉が中心となって売られており、時にはそれらをMIXしています。

私は食に疎いのですが、海外に来てから写真のような『串』で出てくる料理を

よく口にするようになりました。食べにくいですよねw

 

f:id:keinhrkei:20170221102915j:plain『ハリラスープ』

ラマダン(断食)を終了した時に最初に口にするスープだそうです。

しかし、皆さん普通に召し上がってます。味はまさにミネストローネ

と似ていると感じます。場所によってはパクチーが含まれてます。

 

f:id:keinhrkei:20170221104720j:plain

『惣菜』

写真上はオリーブになります。ヨーロッパでもポピュラーな食材ですが

モロッコも同様でした。しかし、若干違う所がり香辛料をまぶしていたり

します。感覚としては酒のつまみだとかお通しといったとこでしょうか。

もちろんお通しの文化はありません。他はお肉やトマトの和物。

 

f:id:keinhrkei:20170221110739j:plain『モロッコ朝食』

否、モロッコではなくヨーロッパの影響のような気がします。

パンケーキに焦げ目のあるモノはムサメンと言います。これらに

シロップやバターをつけて食べます。ちなみにいつも思うのですが

ムサメンとパンケーキは同じような食材なので分けた方が良いのでは

ないでしょうかw(食器の位置はあってるのか不明)

 

f:id:keinhrkei:20170209055150j:plain『モロッコ風パン』

こちらもよく見かけるパンで子どもも大人もよく食べています。

実はこれ結構な大きさで子どもの顔なら隠れてしまうくらい大きいです。

食感は…サクサクしてます。シロップとバターで食べるのは一緒。

 

f:id:keinhrkei:20170221121707j:plain『ミントティー』

写真にはありませんが通常ミントの葉が1コップに1枚入っています。

ミントが苦手な方でも独特の癖を感じにくく飲みやすいと言っていました。

場所により甘めであったり渋かったりしまが、どれも私は好きです。

 

 

さてさて他にも様々な料理を見かけますが…基本的には上記のものを

知っていれば観光で戸惑うこともないでしょう。またモロッコ人と

話す際にも喜んでもらえるはずです。

 

さてさて本日はこのくらいで

 

本日もこの投稿を読んでいただき

本当にありがとうございました。

 

それでは

 

『けい』でした。

 

おわり