読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地球を舞台に!世界一周保育な旅

元男性保育士がおくる保育と旅をテーマにしたブログ。

モロッコの幼稚園②

こんにちは『けい』です。

 

本日はモロッコの幼稚園の『1日の流れ』について書きます。

尚、前回の記事『モロッコの幼稚園①』から読んで頂く方が

情報が入りやすいのではないでしょうか。

 

keisekaihoiku.hatenablog.com

 

ではでは

 

f:id:keinhrkei:20170301122648j:plain

登園

朝の8時半が登園の時間。

2月下旬のモロッコではこの時間はまだ薄暗いです。

そんな中、両親や兄弟に連れられて子どもたちは登園します。

 

f:id:keinhrkei:20170301122803j:plain左側にある緑のドアが幼稚園の入り口です。

複雑で薄暗い迷路のような街ですが子どもは迷いません。

滞在中でわかったことは人々は互いに声を掛け合い

『地域で子どもを支えている』ということでした。

 

f:id:keinhrkei:20170301124954j:plain朝の挨拶

 子どもたちは部屋の入り口で立ち止まりアラビア語で挨拶をします。

すると先に登園していた子どもたちが大きな声で返事をします。

それを聞いてニッコリ笑顔になると席に着きます。

まだ人は少ないですがこれから順次登園し子どもは増えていきます。

 

f:id:keinhrkei:20170301115436j:plainコーラン斉唱

先生と共にコーランを斉唱します。およそ3分程コーランを唱えていました。

まだそれだけの量の言葉を暗唱するのは難しいので先生が子どもたちに

先の詩を子どもに伝え、子どもはそれを繰り返します。

 

f:id:keinhrkei:20170301125727j:plainコーランイスラム教については詳しくわかりませんが

ここモロッコは宗教や異教徒については理解と寛容があり

宗教観を出さない学校も増えているようです。

 

f:id:keinhrkei:20170301130222j:plain授業

午前中は言葉の勉強でした。

残念ながら私はアラビア語がわかりません。

おそらく、ひらがなで言う所の『あ行』のようにその言葉の発音や

成り立ちを説明していました、子どもはそれを繰り返します。

 

f:id:keinhrkei:20170301131050j:plain1時間半の授業で休憩や自習のような時間がありますが

驚くべき集中力です。『間』があるとそこは子どもですので

疲れを見せますが、先生が話すとすぐに集中します。

 

f:id:keinhrkei:20170301131932j:plain

休憩のおやつ

手にビスケットを持っているのがわかりますでしょうか。

授業が終わった子どもは休憩をします。すると皆自分のリュックから

手のひらサイズのお菓子を取り出し食べ始めました。

 

f:id:keinhrkei:20170301132025j:plainおやつは持参のようで特に細かな約束はない様子でした。

チョコとビスケットが多かったです、こちらが眺めていると

『あげるよっ☆』とお菓子をくれました。ありがとう☆

 

f:id:keinhrkei:20170301132537j:plain一時帰宅

おやつを食べ終え荷物をまとめると少しだけ歌をうたいました。

皆が落ち着き前を向いて座わると、部屋の入口から子どもの名前を

呼ぶ声がします。お迎えが来たようです、先生がそれに返事をし

子どもの名前を呼ぶと子どもは『さよなら☆』と挨拶し保護者の元へ。

 

f:id:keinhrkei:20170301133025j:plain

お母さんが顔を覗かせているのがわかりますでしょうか。

お利口にしていても、そこはまだ3歳〜5歳の子どもなので

急いでお母さんの元に向かいます。

 

 

さて、午前はこれで終わりです。

切りが良いのでここまでにしましょう。

次回は午後と少し授業について書きます。

f:id:keinhrkei:20170301115353j:plain子どももよく頑張りました☆

 

 

本日もこの投稿を読んでいただき

本当にありがとうございました。

 

それでは

 

『けい』でした。

 

おわり