地球を舞台に!世界一周保育な旅

元男性保育士がおくる保育と旅をテーマにしたブログ。

モロッコの幼稚園④

こんにちは『けい』です。

 

前回、前々回とモロッコ幼稚園の大まかな生活リズムを

書いてきました。※以下、過去記事を参照下さい。

keisekaihoiku.hatenablog.com 

keisekaihoiku.hatenablog.com

 

さて今回は教育用具について書きます。

 

おそらくここからは教育に携わる方でないとあまり

興味関心がないかと思われます。しかし流してでも

最後までご覧頂ければ幸いです。

 

f:id:keinhrkei:20170301131050j:plain何度も繰り返しますがモロッコの幼稚園では

学習を中心とした生活を送っています。これも園により

異なりますが、普通の玩具よりも知育玩具が多い印象でした。

f:id:keinhrkei:20170302000937j:plainしかし、他所の園では授業の前や受け入れの時間までに玩具で遊ぶ

場所もありました。やはり一概には言えませんね

 

さてさて最初の園に戻り、実際に教育用具を見てみましょう。

園によって異なるのは承知ですが、あれもこれも伝えようとすると

結果まとまらなくなりますので1つの園を中心に書いてきます。

 

まずは子どもの持ち物

f:id:keinhrkei:20170302004402j:plainリュック

指定な物ではなく個人で持ってきます。

女の子はどこでもピンクが多いこと多いこと。

 

f:id:keinhrkei:20170302011500j:plain

f:id:keinhrkei:20170301213819j:plain

筆記用具

筆記用具はミニボードとチョークと黒板消しです。

黒板やホワイトボードとマーカーやチョークと物は様々だった

ので特に規定はないようです。黒板消しはスポンジもありました。

 

f:id:keinhrkei:20170302004818j:plain学習ノート

前回、降園前に先生が子どもに配っていたモノです。

自宅で文字や数字を学習して次の日に持ってくるようです。

 

f:id:keinhrkei:20170302005323j:plainおやつ

これはお昼前に食べるものです。

糖分を取って休憩…なんてそこまでは考えて

いないと思いますが、みんな喜んで食べています。

 

続いて園側の教育用具

f:id:keinhrkei:20170302001342j:plainワーク

様々なワークがありますね。

この1年の中で様々な勉強をしたのでしょうね。

 

f:id:keinhrkei:20170302001550j:plain知育玩具

これは『みんなで遊ぶ』という雰囲気ではありませんね。

数の概念と言いますか、玩具を使って数字を理解深めるのでしょう。

 

f:id:keinhrkei:20170302001632j:plainブロック

こちらもみんなで遊ぶだけの数はありません。

アラビア語と絵が書いてありますね。どうやって

使うのかは滞在中には見られませんでした。

 

f:id:keinhrkei:20170302003626j:plain数字の書かれた画用紙。

先生が黒板でも描くこの形なんでしょうか?

『木』でしょうか、いやもっとあるのでは??

私はアラビア文化なことから『箱から煙が出てる』と

考えました。ランプの精みたいに、いや絶対違いますが…。

f:id:keinhrkei:20170302005057j:plain先生もよく使っています。

黒板にも同じ絵が書いてあるのがわかるでしょうか。

これなんですかw聞いたのですがフランス語だったので

よくわかりませんでした。多分『木』です。

 

f:id:keinhrkei:20170302003837j:plain指と数字

壁などにも貼ってあります。

 

f:id:keinhrkei:20170302002109j:plainペープサート

こちらも数字でしょうね。指を使った数え方、以外と各国で

この数え方違うのですよね。どこがどうとは言えませんが…。

f:id:keinhrkei:20170302002901j:plainこちらは文字です。

私からすると向きすらわかりませんが先生が

教えてくださいました。日本の50音のように

アラビア語でその文字の数だけありました。

f:id:keinhrkei:20170302003120j:plain

裏はマジックテープになっており布などに貼り付けます。

後ろの子どもまで見えるように大きく作られてます。

 

f:id:keinhrkei:20170302002307j:plain文字カード

この赤と青は書き順でしょうか。

カルタや絵カードの類ではないですね。

 

f:id:keinhrkei:20170302005008j:plain絵カード

用途不明ですが何にでも使えるでしょう。

 

f:id:keinhrkei:20170302004249j:plain手作り時計

私がいた園でも『時計を意識した生活は心掛けてました。

と言っても年長の就学に向けてというヤツです。

『長い針が◯◯で片付けよう!』という感じで時計を目安に

することを習慣付けますが、勘のいい子はすぐ理解します。

 

ここでは主体的な行動といった『生命の保持』的な側面から

子どもは見てないと思いますので目的は違うのでしょうが

どちらにせよ子どもは楽しく理解できるはずです。

 

f:id:keinhrkei:20170302002632j:plain四季カード

何気にどこの園にもあった四季カード。

実は案外珍しいと思います。

 

f:id:keinhrkei:20170301125727j:plainコーラン

これもについても詳しくはわかりませんが

現段階の子どもがこの文章を全て読むのは

難しいのではないでしょうか。

 

しかし大切なのは『それがどういうモノか知る』

ことだと思います。これだけの大切な言葉が詰まっている

と認識するだけでもその先の理解は違ってきます。

何もここで全てを理解する必要はありませんね。

 

f:id:keinhrkei:20170302015533j:plainこうした様々な教育用具を使い

その時々の子どもの興味に応じ先生も

手を変え品を変えていき学習を深める訳です。

 

それでは今日はここまで

次回は子どもについて書きます。

 

 

本日もこの投稿を読んでいただき

本当にありがとうございました。

 

それでは

 

『けい』でした。

 

おわり。