読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地球を舞台に!世界一周保育な旅

元男性保育士がおくる保育と旅をテーマにしたブログ。

今日まで出会った大学生

こんにちは『けい』です。

 

卒業シーズンということで

SNSに海外で出会った学生たちの

卒業の様子がUPされていました。

ごめん今SNS見てないから今度読む

 

今日はタイトルの通り

『旅で出会った大学生』について書きます。

 

 

私は今回の旅でですね。

本当にいろいろな学生に会ってきました。

 

彼ら彼女らと話していると…

こんな私でも歳を取ったのだなぁと

感じることが増えました。

 

それと言うのもですね。

自然に相手が私を敬うのですよ。

 

いえ、海外なんて日本社会でないので

簡単な敬語だけ使ってあとはもう年齢なんて関係なく

タメ口でも何でもきけば良いのですが…

 

何気ない話でも物凄く真剣な表情で

話を聞いてくれる人が増えました。

少なくとも3〜4年前より…。

 

やっぱり老けたのでしょうね全体的に。

多分、自分でも知らない内におっさんの雰囲気が

出てきたのだと思いますヘケ☆(29歳)

f:id:keinhrkei:20170325014623j:plain(海外では20歳と言われます、心身共にかな☆)

 

まぁそんなことはどうでもいいのですが…

 

この卒業シーズンという機会に便乗し

実は以前から1回どこかで書きたかった

彼ら彼女らのことを書きたいと思います。

 

さて結論から言いますが…

 

今日まで出会った大学生…。

 

 

みんなハイパー良い人

 

 

これ驚きなのですよ。

本当に100人が100人良い人でした。

嘘です、約90人が良い人でした。

 

何から書こうか迷いますが…

 

とりあえずですねぇ…

 

みんなハイパー素直

 

えっ?

それはアンタが年上だから気を使ってるだけだって?

まぁまぁ、そういう一端のコミュニケーション能力を

考慮した上で敢えてこの表現をしているのです。

 

本当に素直なのですよね。

例を見ない素直さと言いますか…

スカッとしているのですよね。

 

嫌味も疑う気もない素直さ。

いや人柄の良さと言いましょうか。

 

ほら初対面や見ず知らずの人と出会うと

どこか人見知りをしたり相手の様子みたり

自己開示を控えたりしませんか?

 

私自身にも自分を少し大きく見せたい時はあります。

それは器が小さい証拠ですがね。

 

強く見せたいのは弱いから

優位にいたいのは立場が揺らいでいるからと…

まぁ対人関係さまざまな駆け引きがある訳です。

 

けど、彼ら彼女らは

みんな自分に自信があるのでしょう。

いやバックパッカーや海外に出る

典型的なタイプとでも言えましょうか。

 

やっぱりハイバー素直なのです。

f:id:keinhrkei:20170325014756j:plain(ギザのピラミッド)

 

例えば宿でですね。

 

挨拶程度の話をしてますと…

 

『えっ!!是非もっと話を聞かせて下さいっ☆』

 

みたいな展開が多いこと早いこと。

 

あと返事。

 

はいっ☆

 

みたいな。

 

はい!じゃないのです。

 

はいっ☆

 

星が見えるのですね。←病気かな?

 

私逆の立場だと斜に構えますから

すごいなぁと思いますよ。

 

そして食事をする訳ですが

まぁ人の話が聞ける訳です。

キラッキラッしてるんですね。

 

わかるのですよ。

決して私の話が面白いとかではなく

『知識』や『興味』を満たすことに

夢中というような素直さ。

 

素直に聞いて素直に自分の力にしていくような

単純に人1人の人生を聞いてまんま自分の

知恵と経験則にしたいような吸収力。

 

『はいはい』話を聞くだけではなく

質問やら言い換えやら意見やら

受け答えもしっかりしているのですよね。

 

『あぁちゃんと聞いてくれているなぁ』と

こちらが嬉しくなる程です。

 

というか逆に励まされることもありますからw

 

はい、本当にみんな良い人達でした。

 

実はかなり救われている部分が多いのです。

そしてその立ち振舞いを学ばせて頂いております。

f:id:keinhrkei:20170325015028j:plainナイル川

 

さてさて

 

フィリピンからエジプトまで

最初はまだ年度の始まり5月中旬。

それがいつの間にか卒業シーズンなのですよ。

 

何だかおっちゃんは『卒業』の文字を見て

寂しくなった訳ですね、だって当時はまだ卒業の

『そ』の字も出ない時期。

 

4年生や院生は『学生最後の旅』と話しその国を

その旅を満喫していた訳ですから…

 

その姿から今の3月現在の心境を考えると…

少なからず1つ節目を迎える訳ですよねぇ。

これが何か感慨深いのですよ。

 

ほら自分自身もそうだった訳ですから

何か自分と重ねてしまうのですよ。

 

1人で高尾山登ったなんて言えない☆

1人で熱海行ったなんて言えない☆

1人で多摩動物公園行ったなんて言えない☆

 

いやwww

私、彼ら彼女らの何でもないですけどねwww

無職のおっさんですがwww

 

いや、こんな感情はこちらも初めてでしてね!

それだけ良い出会いだったと言うことにしますよ。

 

はい☆

f:id:keinhrkei:20170325015345j:plain(遺跡)

 

いつかどこかで書きたかったので

今回のテーマにしました。

 

ではでは

 

この春卒業を迎えるor迎えた学生の皆様、

旅では本当にお世話になりました。

お話が出来て嬉しく思っています。

 

ご卒業おめでとうございます。

 

皆様のこれからの社会でのご活躍

心から応援しています。

出世したら必ず食事を御馳走して下さい。

あとたまに海外旅行して下さいね!

 

おそらく彼ら彼女らは

このブログ見てくれているのでね。

おそらくねw

 

 

本日もこの投稿を読んでいただき

本当にありがとうございました。

 

それでは

 

『けい』でした。

 

おわり