地球を舞台に!世界一周保育な旅

元男性保育士がおくる保育と旅をテーマにしたブログ。

お久しぶりです

こんにちは『けい』です。

 

このブログの更新が止まってから随分と時間が経ってしまいました。

 

もう8月も中旬ですね。

 

 

さて青天の霹靂のように

 

1年の海外生活から

 

突然の帰国を余儀なくされた私。

 

無事帰国してみれば

 

やれ母親の病気により

 

死生観について考えさせられることや

 

病院通いや介護生活により

 

健康でいられることの尊さに気付かされたり

 

はたまた家事やら家族関係の調整から

 

全国の主婦を敬ってみたりと

 

様々なことがありました。

 

…ただ

 

私も母も家族も

 

至って落ち着いており

 

今現在の生活を

 

しっかり受け止め

 

不貞腐れることなく

 

各々が各々の役割を全うしています。

 

 

変な言い方ですが

 

『今が一番幸せ』なのだと

 

口にはしませんが、

 

家族皆が

 

そう思っているように感じます。

 

そのくらい我が家は穏やかです。

 

さて、家族の話はここまでにしましょう。

 

 

今回私が記事を書こうと決めた理由は

 

『このブログの方向性』についてです。

 

 

結論から言えば

 

私が今現在生活する環境の中で見て感じた

 

『子ども、またはそれに関する気付き』を

 

このブログに書いていこうかと思っています。

 

その経緯を説明するには

 

私の現在の生活をお伝えする必要があります。

 

私は現在3つの活動から1日を過ごしてます。

 

・家事全般

・学童クラブ指導員

・地域国際交流スタッフ

 

これを朝・昼・夜で区切り

それぞれ立ち回り仕事してます。

 

帰国後に出会った方々からの紹介で

現在の事情を考慮した上、年度末までの契約として

働かせて頂いる訳です。

 

さてその『学童クラブ』から

 

少しブログに書きたいことが見つかりました。

 

それは当然子どものこと

 

な・の・で・す・が

 

学童クラブなので対象は『小学生』になります。

 

私の専門は幼保なのですね…。

 

なので初め

 

どう関連させてこうか?

 

なんて考えていましたが

 

 

小学生と関わっていると

 

保育に通ずるモノが多いことに気付きました。

 

そうした発見や考察を繰り返す日々で

 

『一人悶々と溜め込むのは勿体ない』

 

と感じることが多くありました。

 

ウズウズしてくるのですね。

 

それを誰かに伝えようとすると

 

ワクワクするのです。

 

…はい。

 

それだけの衝動です。

 

また、国際交流スタッフと言うのは

 

『市内に住む外国籍を持った方と触れ合う』というもので

 

そこでも各国の子どもと触れ合うのですが

 

それがまた面白いのですね!

 

これも同様に一人で溜め込むには…

 

と感じました。

 

なので

 

ここにまとめようかな。

 

と思います。

 

それはもう

 

自我満足と

 

このブログの存在をどうするか

 

考えた訳です。

 

削除したら病んでるみたいになりますから

 

それは嫌だったのですが…

 

結果その場のテンションで決めました。

 

なので今現在ら

 

『世界の保育を伝える』とか

 

『世界の景色を載せる』というような

 

大儀はありません。

 

インパクトもありませんね。

 

メモ書きに近いです。

 

なので気負いも特にありません。

 

ただせっかく書き出したブログ。

 

これも何かの縁なので

 

ゆっくりと継続していこうかと思います。

 

以上です。

 

 

本日はご挨拶までです。

 

 

それでは

 

 

この投稿を読んで頂き

本当にありがとうございました。

 

『けい』でした。