地球を舞台に!世界一周保育な旅

元男性保育士がおくる保育と旅をテーマにしたブログ。

孫と祖父とポケモンGO

こんにちは『けい』です。

 

これからのこのブログは海外か保育か子どもか人間関係がつくものなら何でも題材にしていきたい思います。

 

本日は何気ない日常風景から記事を書きます。

 

タイトルにもあるようにポケモンGOの話です。そうです、昨年話題になったポケモンGOです。早いものでポケモンGOはサービスが開始してから1年を迎えました。社会現象にもなったポケモンGOですから、ここでは説明を省きますね。私も当時ベトナムでダウンロードしました。

 

さてそんなポケモンGO

先日、横浜で一周年を祝し『リアルイベント』が開催さました。これは横浜駅桜木町・赤レンガなど横浜の主要箇所を中心に『レアポケモンを大量発生させる』というイベントでした。私もそこに足を運んだ訳です。

 

顰蹙を買うようですが、私は家事と仕事以外では思う存分自分のことに時間を使っています。実を言うと先月は山形県に行きました。秋には神戸に行く予定です。もちろん家族は了承し、私個人も明確な目的があってのことです。それは追々このブログでも触れていきます。

 

日本ではもう『オワコン』とされたポケモンGOかと思いますが、残存ユーザーの熱は冷めません。実際このイベントは8月9日~8月15日までで200万人以上の集客を達成したようです。実際現場には物凄い数の人がいました。ハッキリ言えば狂気染みていました。

 

横浜の街がスマホを片手にしたプレイヤーに浸食されており世も末かと思いましたが、逆にこの現象がこれからの未来の姿を表しているのかもしれまん。

 

歓喜するユーザーとは対照的に顔をしかめたのは一般の方々でしょう。歩きスマホをした人が何万と街に集まるのは単純に邪魔です。愚痴をこぼすことは当然、中にはトラブルになっている人たちもいました。そりゃそうですよね…。

 

ただ大きな問題や事故は発生しませんでした。また200万人の来客は当然、周辺施設を利用したことでしょう。結果的な経済効果としては大成功だったのではないでしょうか?いや知りませんけど…。

 

 

そんな常軌を逸した環境の中でほほえましい姿を見かけました。

 

3歳くらいのお孫さんを肩車したおじいさん。携帯を片手に俯く人の群れを嫌な顔せず避けていきます。孫と過ごす幸せな時間はやかましい人の数すらも霞めさせるのでしょうか。そんな姿を目で追う私がいました。

 

ビアス横浜の目の前を歩く頃、そこでおじいちゃんが地面を指差し孫にこう告げました。

 

『見てごらん!ここは昔電車が走ってたんだ。だから線路が残っているだろ?』そこにはメモリアルパークへ続く廃線路が敷いてありました。それを見たお孫さんは『わぁーすごい!!』と目を輝かせていました。

 

どんなに2次元キャラクターを現実にリンクさせようとしても、やはり瞬間瞬間で起こる生きた経験には適わないのだと教えられたような気がします。またおじいちゃんと孫の世代を越えた知識の伝達を見たようでした。

 

そんなやり取りを見た私は思いました…。

 

こんなことしてる場合じゃない!!

 

大の大人が何をやっているんだ!!

 

大切なのは生の経験だ!!

 

ゲームの世界に

 

夢中になっている場合じゃない!!

 

 

そう思い私は携帯を取り出し!!

 

 

 

 

ワンリキーを捕まえました。

 

 

 

えぇ…。

 

 

 

ハピナス対策は重要なので。f:id:keinhrkei:20170820221926j:plain

 本日もこの記事を読んでいただき

本当にありがとうございました。

 

それでは

 

『けい』でした。

 

おわり